おとねっこピアノ教室  

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

ピアノ発表会「7月のコンサート」

すでに1ヶ月! 日にちが経ちましたが、

おとねっこピアノ教室 発表会「7月のコンサート」

素敵な会になりました✨✨✨

 

いつもの会場で

信頼する調律師さんに、ピアノ調律していただき

普段の「響きを聴くレッスン」からつながっている

発表会!

 

毎年、プログラムの曲順を

「すべての曲が映えるように」

「聴く人が自然に、集中して聴けるように」

考えて決めています。

(単に年齢順・レベル順ではなく…。)

 

それで今回は、特に、

たまたま、同じレベルの子が同じ調性の曲が多かったので

思い切ってレベルは混ぜて、

プログラムを組みました。

曲の流れ重視、のプログラムです。

 

とっても、いい雰囲気の会になりましたよ!


なんといっても、

普段の「奏法」を重視した

響きを聴くレッスン。


生徒さんたちみんな、

どんな易しい曲もきれいで

自然に弾いていました!


私も誇らしく思います!


 



今年も、音大時代の友人、Y先生に、連弾でご出演、お手伝いいただきました。

 


 プログラムは、こんな感じです。

 

オープニングは、明るく楽しい、連弾の短い曲。

私と、Y先生の連弾で。

幼稚園のお子さんは、私の伴奏つきの演奏

小学生からは、一人でソロを弾きます。

 

みんなのソロの最後に、私のソロ演奏。

 

今年は、古典派の名曲

ベートーヴェンの「悲愴」2楽章と

シューベルトの曲にしました。

 

悲愴の2楽章を選んだのには、わけがあります。

 

今の新一年生たち数人が去年の夏休み、

通っていた幼稚園の宿題として、

「鍵盤ハーモニカで悲愴の2楽章を練習する」

というのがあるとお聞きして

とてもびっくりしました。

 

ベートーヴェンの名曲を…鍵盤ハーモニカで!?

 

子どもたちには、その前に本物を聴いてほしい!

 

そういう想いで、この曲にしました。

 

小さな子たちにとっては、単に音の並びとしても、この曲はとても難しいもので、そうすると癖がつきやすくなってしまいます。

レッスンでは「奏法」を丁寧にしているので

癖がついたら直しながら、乗り越えるようにしました。

 

本物を聴いてほしいとの想いで。

本物の名曲なので…。

この曲は、テンポもゆっくりで、楽譜は初見で弾けるくらいなのに、

音色や雰囲気を出すのは、簡単ではありません。

その意味で時間をかけて練習しました。

 

聴いてくださった方から、

喜んでいただけたようでよかったです!

 

さて、プログラムの続きは、

休憩をはさんで連弾。

親子連弾、姉妹での連弾、お友だち同士の連弾です。

最後に、私とY先生の連弾

ドビュッシーの小組曲より

4曲を毎年1曲づつ演奏して、3年目、

第2曲の「行列」。

 

出演のお子さんたちから

「楽しかった!」という感想を聞け、

ご家族のみなさんからも、嬉しいご感想をたくさんいただきました。

 

 

実は、本番前の最後のレッスンまで

もう一息、追い込み練習、補講も必要かなぁ、と思って見ていた生徒さんもいましたが

なんと本番にはバッチリ!

 

前日、最後まで連弾の合わせ練習をしていた、

1年生3人組!

やる気満々、だけど前日も完全ではありませんでしたが

リハーサルから本番はバッチリ!

 

子どもたち3人での連弾、めちゃくちゃよかった‼

とのご感想が多くて、大人気でしたよ。

 

本当にみんなみんな、

子どもたちの本番での最高の演奏✨✨✨

本番で一番いいとこが出るって、すごすぎる!

 

ちょっとしたミスなど関係ないんです。

全体の流れや音色、雰囲気を聴きますから。

 

「子どもの力を信じて、応援する」

最後は、そんな姿勢でいましたが、

それがよかったからこそ、かもしれません。

 

今年の発表会は

初めて、司会を一部、子どもたちにお願いしました。

とっても上手にいい感じに司会してくれましたよ。

 

さて、その後通常のレッスン、

そして8月も終わりに近づきました。


子どもたちの成長、本当に楽しみです。

また楽しく、レッスンしていきましょうね♪

もうすぐ発表会!プログラムもできました。

おとねっこピアノ教室、

「7月のコンサート」

発表会まで、あと少しです!

 

(ブログ更新、3か月ぶりになりました。)

 

教室の生徒さんたち、みんな練習がんばっています!

 

今年は、

初出演のお子さんがとっても多いです(#^.^#)

 

🍀今年4月、小学校入学から習い始めた子たち、

しっかり両手で弾けるようになりました!


🍀幼稚園年長さんの途中から始めて、1年生になって、初出演の子たち、


🍀春に年長さんで習い始めて、音符を覚えたばかりの子たち。

 

発表会の曲選びは、

私が選んだ、いくつかの候補から、弾きたいものを本人に選んでもらって決めます。


選ぶ曲は、

背伸びしすぎた曲を無理して練習したり、

まだ読めていない楽譜の曲を弾くのではなく、

それぞれのお子さんに「無理なく」😊

を心がけていますが、

 

発表会の練習を機に、

💡まだ読めなかった楽譜が、読めるようになったり、

💡難しいと思っていた楽譜が、わかるようになったり、

💡普段よりちょっと難しめの曲が弾けたり。

 

やっぱり、成長のきっかけになっているようです✨

 

レベルアップした曲を弾く!

と、張り切っている子には

ちょっと難しめの曲をあげても、ちゃんと弾けるようになった🎉

 

そこがすごいな~!

ちゃんと、力をもっているんだな!

と思います。


今の自宅教室での毎年の発表会は、

今年で4回目。


(実家で教室していた時に、12回。)

 

f:id:kaoripiano:20190706202838j:plain


今年も、

「響きを聴く発表会」

をテーマに

 

毎年、プログラムは、

「年齢順」「レベル順」ではなく、

 

⭐「すべての曲が映えるように」

⭐「聴く人が自然に、集中して聴けるように」

曲順を決めています。

 

⭐曲の調性(ハ長調とか、イ短調とか…)を考えて、

並びが自然になるようにと、

⭐曲の雰囲気に変化があり、かつ自然に流れるように

 

✨発表会全体の、雰囲気が素敵になるように

 

そんな風に考えています。

 

みんなが主役になれる発表会✨

 

もちろん、私もソロを弾きますよ!

そして、ゲストの友人のピアノの先生と連弾♪

 

弾く人にも、聴く人にも

プレゼント✨になるような発表会であるように!

あと少し、準備にレッスンに、練習に

がんばります(#^.^#)

4月。積み重ねて続けていくこと。

4月に入りました。

レッスンの初めにシールを貼る、出席カードも4月から新しくなり、

幼稚園のときは30分レッスンだったのが、新一年生になる子は40分レッスンになり…

気分も新しくなります⭐

 

この時期、お稽古を始めるため入会されるお子さんたち。

 

期待に目をキラキラさせて、レッスンの前にご挨拶。

初めてのピアノとの出会いに、

「楽しかった!」

と笑顔がまぶしい✨

 

他のお教室から来られた生徒さんも、

今までと違うレッスンに、がんばる意欲を見せてくれる子。

 

学年が上がったから、お母さんのレッスンに付き添いがなくなり、

ひとりでレッスンに来るようになった子。

 

ひとりひとりの成長を見守ることができて、

とても嬉しく思っています。

 

ここで、私が大事に思うことをひとつ。

 

ひとりひとり、持って生まれたものを大事にありのまま、

…というのは大前提ですが、そのうえで

成長していく!そのために

積み重ねて、やり続ける!

ということが、

教室に通ってレッスンを受ける目的だと思います。

 

年齢の小さい間は、結果はすぐには現れないかもしれません。

その時期は、根っこ育ての時期で、音楽体験を積み重ねることが大事です。

 

年齢の小さい間は、ゆっくりゆっくりの進歩に見えても、

小学校入学のころから、グググ~っと、伸び始める子も、よくいます。

楽譜の読み方、理解、弾きかた、リズム感、弾ける曲のレベル

全てにおいて。

 

もちろん、そのスピードはひとりひとりそれぞれですが、

小さい子でも、本物の力を付けることを目指しています。

そのために、

積み重ねて続けていきましょう!


私もそうしますよ(^_^)/

 

ベートーヴェンのソナタを弾きました。

前の記事「本番前の練習中!」のあと、

日にちが経ちましたが…

17日の日曜日、私の先生の会で演奏しました。


 f:id:kaoripiano:20190331224652j:plain


聴きに来てくださった方に、お花をいただきました。

ありがとうございました!


演奏した曲は…

ベートーヴェン

ピアノソナタ 第24番 嬰へ長調 全2楽章

 

ソナタは、4楽章の曲が多いのですが、

24番「テレーゼ」は、全部で2楽章です。

 

先生の会で演奏されるのは、いろいろな方がいらっしゃいます。

今回の出演者は…。

 

私と、友人のように

音大ピアノ専攻を卒業して何年も経って勉強を続けている人、

長年趣味で続けられているシニアの方、

大学で音楽をこれから勉強される、高校生

声楽専攻を卒業されて、音楽活動をされている方。

 

先生は、耳がものすごく良い方で、

美しい音色を出すための弾きかた、身体の使い方に関して

深い指導をされます。

そして、音楽そのものについても

奥深く指導してくださいます。

 

今回もそれぞれみんな、

きれいな音で演奏されていました。

 

私も今回は、

今までで一番!!

練習も本番も、

心も身体も、

「自然体」で弾けた!という感じがしました。


コツコツ積み重ねてきた学びが、

自分なりに、成果になってきたように感じました。

精進すれば、年齢は関係ないですね!

 

演奏中も、集中して音楽を味わえて、幸せでした♪

 

この曲は、大好きな曲。

美しい1楽章に惹かれて、選びましたが

アップテンポで、リズム感に満ち、

跳躍(高い音、低い音にパッと手が移動)を繰り返す、

そんな2楽章も、弾いていて面白かった。

 

真摯な気持ちで音楽に向き合う、

「本番」で弾いてこその体験。

 

聴きにきてくださった方、

ありがとうございました!!

 

大人の会で、お子さんには聴きにくいので(曲も長いし)、

今回は、生徒さんにはお声がけしませんでしたが、

教室の発表会では、

大作曲家の曲、本物の音楽、でありながら

もう少し、お子さんにも聴きやすい短めな曲を弾きますね♪

本番前の練習中!

公開演奏本番前、練習中です!

毎年恒例の、私の先生の会。

演奏をお休みしていた期間を経て、また出演するようになって4年目。

去年まで、本番前は1ヶ月くらいは、必死で練習していましたが

今回は、わりと普段通りのペースで練習。

1年間コンスタントに(2~3週間ごとに)先生にレッスンを受けてコツコツ学んできたことと、
フェルデンクライス(ボディーワーク)を6年間コツコツ、レッスンを受けてきた成果が出てきたようで、

身体がずいぶん動きやすく、
目指す音色・イメージを出すために、身体の調整に悩んで試行錯誤する時間が、だいぶ短くなってきた。

そういう意味で、ずっとラクになってきました。

練習すれば、その分、すぐ成果が出るようになりました。

本当に、年齢は関係ないですよ!
若い頃は、すごくしんどかったですから…。


しかし、さすがに今週は、最後の1週間、
本番前の本気出して!

つまり、練習時間をできるだけ増やしています。
最後は弾き込まないと、本番用にはなりません。

音質が上がってきた(と先生に言われた)のですが、
♯が6個の調の曲の中で、転調も多く、ダブルシャープも多く、楽譜がとにかくややこしい…。
改めて、楽譜を見て読み直しながら、整理して頭に入れながら、です。

それから、音色作りの他に、
テンポが速い中で、跳躍(高音↔低音の距離を素早く移動)
がすごく多い曲で、しかも跳躍のたびに「違うキャラ」を表現する、という。
そこを
一瞬の呼吸を使って跳ぶ!
の練習、会得しました。

面白いので、いくらでもピアノの練習はできるのですが、
いつも、生活の他の用事をさっさと終わらせ、時間をつくるのが課題(^-^;

教室のレッスンも年間回数カウントの、最後の時期なので、昨日・今日・明日は、回数が足りていてお休みできる子はお休みをいただき、練習時間に充てています。

ラストスパート!がんばります!!

教室名が変わりました!

「かおりピアノ教室」は、
新しい名前に変わりました!

ちゃんと、税務署の登録を新しい屋号にしてきました。

「おとねっこピアノ教室」

といいます。

これからますます、
生徒さんやご家族、周りの方
ご縁ある方に喜び広げる

音楽の根っこを育て、
幸せの根っこを育てる

素敵な教室にしていきますね♪

2019年のレッスン始まっています

みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

 

今週から、冬休みも終わってレッスンが始まっています。

それぞれ、子どもたちみんな楽しい冬休みだったようです。

 

おばあちゃんのお家にお泊りの間、

ピアノを弾けないからと、楽譜を持っていって

譜読みをがんばった、という子。

自由に書くように渡した五線紙に、

初めてなのに!とてもきれいに楽譜を書いてきた子。

私もレッスンでみんなと会えるのが、

本当に楽しみです♪

 

さて、私はレッスンが始まる前の、年始一番の仕事は、

発表会の会場抽選会。

 

7月に会場を予約できました!

 

早速、教室のおたよりを作って、発表会の予定をお知らせ。

そして、年末年始も空いている時間をみつけては

確定申告の作業。今年は早く申告するぞ~!(目標)

それからもちろん、ピアノの練習!

 

張り切ってがんばっていますよ!