かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

新年度。

4月も半ば過ぎましたが。

新年度。

学年がひとつ上がった生徒さんたち。

 

特に、新一年生になった子たち!

幼稚園の頃とは、気分も違う(*^^*)

 

新しい体験、学びへの意欲。

希望に満ちているんだなぁ...と

見ているこちらも、なんだか嬉しく、新鮮な気持ちがします。

 

かおりピアノ教室では、

幼児さんの間はゆっくり・じっくり

急がず、根っこ育て。そして、

小学生になったら、少しスピードアップしていきます。

 

ひとりひとりに合わせ、やはりじっくり学びますが

小学生になったらいくつか、新しく始めることがあります。

 

楽譜の読みをしっかり。

ソルフェージュと、テクニックの教材。

 そして、希望する子から、

お家での練習の記録をつける「レッスンノート」を始めます。

 

今書いたようなことは、

もっと小さい年齢から始めているという、お教室も多いと思います。

 

私の教室では、幼児さんのあいだは

レッスンの中で、ソルフェージュ的なことをしたり、

弾く曲の中でテクニック的(奏法的)なことをやったりしています。


それを、

小学生になったら、意識的に練習し始める

といえば、いいかもしれません。

 

小学校に入れば、学校でも宿題もあるし

文字や数字など、書くことも多くなるし

教科書やノートももらう。

ピアノ教室でも、やはりこの時期に

新しいテキストをもらったり

ノートに書いたり

レッスンも、30分だったのが40分になります。

 

1年生になった子どもたちは、

今までより、お兄さん・お姉さんになった気分!

 

嬉しく新鮮な気持ちで

学んでいるのが伝わってきます。

 

いいなぁ~!!

私も、この新鮮な気持ちを忘れずレッスンしたいです。

ブラームスを弾きました。

日にちが過ぎましたが、

3月11日(日)、公開演奏会で弾きました。

 

聴きにきてくださったから、お花をいただきました。

いただいたときはまだ、蕾だったユリの花が

数日経って、きれいに咲きました。

 

f:id:kaoripiano:20180321142810j:plain

 

私がレッスンを受けている先生の会。

毎年、この時期に開催されます。

 

先生の会は、

ピアノの状態に丁寧に配慮して、音を整えたサロンでの演奏で

ちょっと地味な感じの、静かな「大人の会」という雰囲気です。

出演者は、

私たち、音大で専門で勉強した人だけでなく

先生から、いい音を出すための奏法含めたレッスンを受けて、長く続けておられるシニアの方

音大に入学される方、卒業したばかりの方など。

みんな丁寧に、音楽の表現をされる方たちで

シニアの方も、音楽を慈しむように弾かれます。

会全体、

本当にいい雰囲気なのです。

 

それには、先生のご指導はもちろん、

深く考えて組まれたプログラムも、大切な要素です。

会が調和して、聴く人も集中できるように

配慮して組んであります。

私も、そのことを少しづつ勉強させていただいています。

 

リハーサル・本番と

その時々で、家とは違うピアノの状態に触れて、弾く。

真剣に聴いてくださる方たちの前での本番。

それも本当にいい経験です。

 

さて、私は一昨年、モーツアルト

去年は、シューベルトを弾きました。

そして

今回はブラームス

 

去年の記事は、これ。

 http://kaoripiano.hatenablog.com/entry/2017/03/14/034141

 

シューベルトは、若いころからずっと好きで

今も、最も親しみを感じている作曲家で

ずっとたくさん弾いてきましたが、

ブラームスは、公開演奏できちんと取り組んだのは

今回がほとんど初めてでした。

 

それも、ブラームスの晩年の作品。

 

インテルメッツォ(間奏曲)

op.119-1 ロ短調

op.116-6 ホ長調

op.118-2 イ長調

の3曲。

 

選んだこの3曲は、

たまたま3曲とも「間奏曲」というタイトルなのですが

このop.116・118・119は、どれもいくつかの曲集になっています。

 

彼が、若いころ大作を書いてきたあとの晩年期、

「我が心の孤独(痛み)の子守歌」言ったのは、

op.117だけのことか、この時期の曲集(op.116~119)のことか?

…と言われているそうですが、

どちらにしろ、人生の何たるかを知った、晩年の作品

技巧的な派手な曲ではなく、精神的に深みがある

だから、若いころには弾きこなせない、難しさがある。

老境の心境世界、といった感じでしょうか。

 

そういう意味で

私にとっては初めての挑戦でもあり

身体面・奏法面でも、音色・響きの面、音楽面でも

新しい表現の学びでした。

 

曲があまりにも、渋すぎて

生徒さんたち、お子さんには聴きにくいものなので

聴きにきてください、とお勧めしにくかったのですが

 

(リズム感やテンポ、派手さのある曲ではなく

音色・響きを聴かせる曲だったので

まだまだ幼めな、うちの高校1年の娘にも、理解できない感じだったようです)

 

それでも、お子さんも何人か来てくださって、

生徒さんのお母さんだけで来てくださったり、

大人の生徒さんたち、

お友だち、

ピアノをされてる方、そうでない普段クラシック聴きなれない方

いろいろな方が聴きに来てくださいました。

 

私も40歳代後半になって、去年・一昨年くらいからやっと、

本番で、音楽に集中して演奏できるようになりました。

真剣に聴いてくださる方たちの前で弾くことを

喜びと感じられるようになってきました。

やっと、

若いころはできなかった、感じられなかったこと、

勉強した曲が自分の大事なレパートリーになり、

できるようになったこと(奏法)が自分のものになり、

思う音が出せるようになってきました。

それでもまた、

新しい課題、次の課題が見えてくる。

そんな連続です。

 

また次は別の曲で、5月に本番があります。

早速、その練習を始めています。

 

ピアノの先生をしていても

演奏・勉強を続けている人は少ない。

私も子育て中休んでいました。

けれど、常に新しく学び、練習し

真摯な気持ちで音楽に向き合い、演奏する

そんな道を行くことにしたのです。

 

若いころが最高、ではなくて

年齢を重ねながら進化し続ける道、

その道に入ったのだと思います。

 

学ぶことが面白い

それって、本当に幸せなのです。

 

聴いてくださった方がいてこその本番です、

本当にありがとうございました!

1月、2月の「うたごよみ」

3歳からのうたあそびクラス、「うたごよみ」。
季節や自然のうたで、あそんでいます。

ベースにしているのは、
シュタイナー教育で、「ライゲン」と言われるもの。
みんなで輪になって動くのが、基本の形です。

季節のうたを歌いながら、
「振付け」ではない動き=言葉を動きます。
わらべうたや手遊び、素話、
自作の歌なども加えています。

うたの世界に入れるように、
全体の流れ、の意味での「リズム」を大事にしています。


この日は、久々に
見学のお母さまに写真を撮っていただきました。

私も子どもたちも、うたあそびに集中しているし
動きもあるので
撮影は難しいのですが。

この日は、年少さんクラス。
一人一人と握手でこんにちは。

笛のメロディーが始まりの合図、
うたあそびが始まります。


輪になってオイリュトミー、
羊毛ボールを転がしてご挨拶の歌。

手あそび。

 f:id:kaoripiano:20180226212217j:plain

輪をくぐります。
輪くぐりと、輪の収縮・拡散は
毎回やっても楽しい!

 f:id:kaoripiano:20180226213420j:plain

ぐるぐるうずまき。

 f:id:kaoripiano:20180227111002j:plain

とんでった~!!

 f:id:kaoripiano:20180226213637j:plain

おしくらまんじゅう。
「せっくんぼ」というわらべうたで。

 f:id:kaoripiano:20180227111135j:plain

雪が、
みんなの上にふんわり降りてきます。
シルクの布は気持ちよくて
みんな 触りたくて、手をのばします。

f:id:kaoripiano:20180226213735j:plain


こちらは、年中さん・年長さんクラス
(この日は年長さんがお休みでした)。
小さな弟くん・妹さんも一緒に交って。

手遊び。

 f:id:kaoripiano:20180227110338j:plain

お鍋とすり鉢の歌。
お鍋は大きく~すり鉢は、輪が小さくなります。

 f:id:kaoripiano:20180228093029j:plain

シルクの布の、雪が降りてきます。

f:id:kaoripiano:20180302090647j:plain


身体を動かしたあとは、静かにお話を聞きます。
絵本も何も見ないで聴く「素話」、
(話す私も何も見ないでなので、集中力が要ります、)
想像して聴くので、集中力がつきます。

この日は、手遊びも交えての短い素話、
小さい弟くん、妹さんも聴きやすい。
お話に歌が出てくるたび、一緒に手をたたいて。

 f:id:kaoripiano:20180228113204j:plain


最後に、楽器遊び。
グロッケンを一音づつ持って、歌いながら鳴らします。

毎回、とっても楽しいうたあそび。
音楽が自然と、暮らしの中にある。
そんなふうになるといいなと思います。

幼児さんのあいだ、長くうたあそびクラスを続けた子は、
ピアノを習い始めると、
それまでに何の練習・訓練的なことをしていなくても
やっぱり、とっても「歌心」があります。

練習したくなるレッスンって?

「こんにちは!」と玄関を入ってくると

「先生。ごめんなさい。練習、してきてない...。」

ということが続いていた、1年生の〇〇ちゃん。

 

ごめんなさいって、謝らなくても…。

と、私は思いますし、そのように伝えています。

それに、普段から

練習しなさいと、厳しく言ったり

していないことを叱ったりしているわけでもありません。

 

それなのに、ごめんなさいと言うということは

本人がよくないなぁと思っているんだなぁと。

そんな気持ちでレッスンに来るのも、きっと楽しくないよね。

 

そこで、レッスンが始まる前に。

〇〇ちゃん、ピアノ、好きだよね。

どうして、練習できなかったのかな?

聞いてみる。

 

それは、私が

「練習したくなるレッスン」をしたい。

と、思っているから。

どうしたらいいかな?どんなレッスンをしたらいい?

と私が知るために、

聞いているのです。

 

「ピアノをひく気持ちに、ならなかった」

と、〇〇ちゃん。

子どもらしい素直さで

練習しなければという義務感より、

目の前にほかに遊びたい、というのがあれば

弾く気持ちにならない、というのは正直な気持ちでしょう。

 

〇〇ちゃんは、音符を読む練習をしながら

テキストをすすめています。

ドレミファソラシ、まで音符を読めるようになって、

指番号もきちんと見て、弾くのをがんばっていましたが、

今、音符を見ることが、しんどそうです。

 

「どんなのなら、弾きたくなるかなぁ。」

聞いたことのある歌の楽譜でも、

見るだけで、「無理!!」という〇〇ちゃん。

 

あぁ、これはもしかして

私でいうと…

私は数字が苦手、事務的な書類を読むのも苦手なのですが

「紙に、いっぱい数字や難しそうなことが書いてある」

ってだけで、うわぁ、って避けたくなる。

それと似てるかも。

 

1年生だから、これだけやってきたから、

レッスンは、こうすすめたいから、とか…

 

そんなのにこだわらず

もっとゆっくり少しづつ、〇〇ちゃんオーダーメイドの

レッスンをしようと。

 

そこで、テキストに入る前、幼稚園の頃

大きなスケッチブックに色鉛筆で手書きで

音符を書いていた続きをすることにしました。

 

これならできる!〇〇ちゃん、自信がついたみたい。

 

ちなみに、逆戻りしているわけでなく

曲の内容・指の動き面では

ちゃんと、進歩している内容です。

 

次の週。

「先生!練習してきたよ!」

と、〇〇ちゃんの笑顔。

 

「よかった~!」と私も嬉しい♪

やっぱり、上手になっています。

 

上手になりたい。楽譜もよめるようになりたい。

子どもたちに、その気持ちがあるのだから。

 

ますます、

ひとりひとりに合うレッスンを心掛けたい

と、改めて、思いました。

 

 

 

学び続けるのは、楽しいから。

新年のレッスン、

祝日明けの9日から、始まりました。

 

まずは、「うたごよみ」、

そしてピアノのレッスン。

 

ご挨拶のとき、

冬休み楽しかった?

と聞くと、ぱっと笑顔がこぼれます。

 

みんな、お泊りやお出かけがある中、

それぞれに練習してきたようです。

 

そして私も。

年明け早々、先生のレッスンを受けてきました。

夏から休まず、レッスンも受けています。 

次は、3月に本番で弾く予定があります。

 

ここ数年、本番前にだけレッスンを受けていましたが、

去年は、9月3日の発表会が終わっても

休まず続けて受けよう。と決めて

1か月に一回は、レッスンを受けてきました。

 

継続していると、やはり違います。

弾く音質が、根本的によくなっているようです。

 

しかし、新年のレッスンでは

次の表現上の、課題が出てきました。

次の...なので、確実に進歩、しているのですが。

 

音楽的な表現面と、身体の動きの面

切って離せないものです。

身体の動きについては

一昨日、毎月恒例の

フェルデンクライスのレッスンを受けてきました。

 

フェルデンクライスの枠にとどまらず

インナーマッスルを鍛える呼吸法など

貴重なレッスンも受けました。

 

ピアノのレッスンを受けたあと、

2日間ピアノの練習をして、次の2日間休んで

フェルデンクライスのレッスンを受けましたが、

そのあと弾いてみると、一気に壁を乗り越えた感じがして

自分でもびっくりしました。

 

(乗り越えた、というか

壁の向こうが見えた感じ。

急に、欲しい表現が、

身体の動きでイメージできた感じです。

フェルデンクライス効果かな。

もちろん、これから練習、弾き込みですが。)

 

いつも新しく学び、コツコツ続けること

いつも自分に気づき、新しい回路をつくる。

いつも柔軟でいる。

(自分の癖を繰り返すのではなく。)

年齢を重ねて、ますます成長(子どもたちに負けず!)して

いきいきと、音楽を伝えていける私でいたい。

 

学び続けるのは、

もちろん人に聴いてもらうためでもあり、

生徒さんによりよいレッスンができるためでもあるけれど、

学ぶこと自体が楽しくて、

私を、毎日いきいきとさせてくれるから!

 

子どもたちにも、

学ぶ楽しさを感じてもらいたいです♪

 

ゆっくりゆっくり、更新の間をあけたブログですが

今年はもう少し書きましょうかね(*^^*)

みなさま、今年もよろしくお願いします。 

10月、11月、12月のうたごよみ

だいぶブログ記事更新、遅れてました~。

毎週毎月ごとに、楽しくうたあそびしています!

 

秋から冬へ。

10月は、秋のうた。

お手玉遊びは、笑いがはじけます。

秋の夜、虫の声がきこえてきます。

うたと一緒に、小さな楽器をならしてみよう。

野原には、トンボ、バッタ

どんぐりがぽとりと落ちてきて...

とんぼのめだまは、まんまるで...

の2曲は、私のつくった歌。

 

11月は秋が深まり

秋の風に、落ち葉が舞います。

渡り鳥が飛ぶ季節。

みんな渡り鳥になって並んで飛びます。

 

12月。もう冬です。

クリスマスの手遊びに、お手玉遊び

お歌と一緒に、当てっこ遊び

 

つめたい風が吹いて...

風の歌は、みんなすっかり覚えて歌ってくれました。

みんな飛んでいったり

歌に合わせて歩いたり

大きな布に寝転んで、大人ふたりに歌いながらゆらしてもらう

気持ちいい~!

 

毎回、お友だちと手をつないで輪をつくる

それが、子どもにはいい体験のようです。

そして、最後の楽器遊び

みんな大好き♪

 

目には見えないけれど

体験は、子どもたちにしみこんでいきます。

心と身体を育てるうたあそび。

 

3歳、4歳から

急いでピアノを始めるよりも

うたあそびをぜひ、楽しんでもらいたいです。

小さなクリスマス会♪

12月25日。

レッスン室で小さなクリスマス会をしました。

 

レッスン室は、みんなが入れるほど広くもなく

日程を決めたのも間近、

発表会のように、前もって

生徒さんひとりひとりの曲の準備もなし。

 

なので

2年生以下の、小さい子たちだけ、来れる子だけの

本当に遊び中心のクリスマス会です。

 

新しい生徒さん、はじめましてのお友だちもいるので

まずは、自己紹介がわりに、当てっこゲーム。

前もって、「好きなこと」「好きなもの」を

書いた紙を用意してもらいました。

 

〇〇ちゃんって、こういうのが好きなんだ!

と私も、初めて知ることもいろいろ(´▽`*)

当てっこだけでも盛り上がりました~

 

それから、ピアノ。

弾きたい人だけ...と言って、手をあげてくれた数人。

クリスマスの歌やアニメの歌

発表会と違って、リラックスして弾くを優先、

私もひとりひとりの完成度にはあれこれ言わず(*'▽')

 

それからイントロゲーム!

私が弾いた曲を、わかった人に言ってもらいます。

 

「おしょうがつ」の曲は

みんな、大きな声で歌ってくれましたよ(*^^*)

 

それから、続けて私がクリスマスの曲を

オシャレアレンジで。

これも、みんな自然と合唱!

 

子どもたちって、ほんとに歌が好きなんですね~

 

それから、ミュージックベル遊び。

ほとんどが、ベルは初めての子たちで、

しかも練習なしでしたが

結構メロディーになり

みんな、楽しんでくれました。

 

最後は、お楽しみのおやつの時間~♪

初対面なのにすっかり仲良くなった子どもたち

笑いが絶えず

あっという間の1時間でした。

 

普段のレッスンでは見られないみんなのようす

楽しい会になってよかった(*^^*)