読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

フェルデンクライス、ピアノのレッスン ワクワクの変化

ワクワクの変化、

とタイトルに入れましたが 

本当にからだがすっかり変わったのです!

 

前の記事ふたつ、

先週末にピアノのレッスンを受けて、書いたものですが

「転機になる、

大きく変化するきっかけになる予感」

「数日で、変わってみせる」

と書いたのが、

現実になったようです!

 

自分でも、

からだの感覚がすっかり変わり

ピアノの音がきれいに響くようになり

急に

ずっと思い通り、からだが動き、表現できるようになったので

わかっていたのですが

 

先生に、昨日のレッスンで

「段違いに、音がきれいになった、澄んだ音になった!

たった一週間で!!」

と言っていただき

いつ、どんなふうに変化のきっかけをつかんだのか

興味をもって聞いてくださいました。

 

きっかけは、

前の前の記事に書いたように

レッスンのなかで「音が変わった」と言われたときの

からだの感覚の変化を、からだが覚えていたことです。

 

まず、座り方が変わり

座った時のからだの感じが変わった。

そうすると、からだ全部が変わって

難しかったところが、あそこもここも、

急に、思い通りに弾けるようになったんです。

 

前の前の記事「濃いレッスン」では、

先生からいろいろな細かい指摘や

からだの使い方のアドバイスをもらったレポートを、書きましたが

 

今回のレッスンでは、

音楽的な、表現の内容中心。

からだの動きに関しては、前のような

あれこれとたくさんのアドバイスは、なくてよかったようです。

 

2曲弾くうちのメインの大きい曲は、

次々と調性が変化し、イメージも次々、変化していく曲なのですが

その変化を、

「今もよく表現できているけれど、もっと出していいよ」

と言っていただいて。

 

こうしていっぺんに変化した、きっかけの

「座り方」、ですが

先生から、座り方や姿勢に関してアドバイスは、なかったんです。

 

(ほとんどの人、専門的にピアノをやっている人も

後ろに傾いて座る癖があるそうで、

先生はまっすぐ座るようアドバイスされるそうですが、

私はそんなことはなかったので。

見た目にはわからないくらいの、ほんとうに微妙な違いだったようです。)

 

背中側がふんわり、広がったような感覚。

 

その微妙な位置を、自分で、

からだの感覚でみつけられたのは

それはきっと、今までの素地。

 

それは、長年からだに注目してやってきたこと、

意識をからだに向けること、

4年続けている「フェルデンクライス」のレッスン。

 

フェルデンクライスは、

ただただ先生の誘導をきき、少しづつ動きながら

自分で自分のからだに意識をむけて、自分で「氣づいていく」

ということをやっているワークです。

先週半ばに、グループでのレッスンを受けたときに

「腕のレッスン」もしていただいて、

腕の垂れ方が変わった感覚がありました。

座り方も変わったあとだったので、翌日から

腕の動きももっとラクになって。

 

こうして、いっぺんに自分の中で、結びついたようです。

それは、こんなにもワクワクすること!

 

まずは、来月の本番まであと3週間。

練習に励みます~!

 

そしてこれから、

徐々に人前で弾けるレパートリーを増やして

演奏の機会を増やしていきたいと思っています♪