かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

ピアノとライアーと

土曜日は、豊中アクア文化ホールにて、

齊藤理美先生のピアノ教室の発表会の、お手伝いに行ってきました。

 

 今年は、私の教室の生徒さんの出演はなく、舞台のお手伝いだけをいたしました。

演奏の生徒さんにあわせ、椅子の上げ下げや足台、譜面台の準備など…。

 

毎年、私の生徒さんの出演もあり、

私もお手伝いしながら舞台袖で見せていただいていますので、

去年、何々の曲を弾いていたあの子が、今年はこんなに成長して…

という感じで見せていただきました。

みんな素敵に演奏されていましたよ。

 

そして毎年、素敵なゲストの方の演奏があるので楽しみにしています。

今年は、ライアー奏者の池末みゆき先生の演奏でした。

 

 ライアーは、ルドルフ・シュタイナーの思想のもとに

製作された楽器です。

 

ヨーロッパでは治療のために使われ、

なんと、保険もきくのだそうです。

その音色には、目には見えない癒す力があるのでしょう。

 

池末先生の演奏は、魂に沁み入る「奇跡の演奏」と評価され

日本全国、そして海外でも演奏活動を続けておられます。

 

私も、シュタイナー教育に関わる中で、ライアーに憧れがあり

いろいろな人の演奏は聴いたことがあったのですが

池末先生のライアーは初めて聴きました。

 

お人柄が出ているのでしょう、

ほんとうに素晴らしい演奏でした。

発表会のお手伝いさせていただいたお陰で、

間近でたくさん素晴らしいお話も聴くことができ

貴重な体験でした。

 

池末先生は今、78歳だとおっしゃっていましたが

今は、全国にお弟子さんがおられ、世界を旅して演奏されています。

1970年ごろは、ピアノ教室で先生をされていたそうです。

ハンガリーに留学なさって、その後、わらべうたやうたあそびも教えておられ、

私も以前、一度だけですが、講座を受けたことがあります。

幼児クラス「うたごよみ」の、うたあそびにつながる内容です。

たくさん、貴重なお話をうかがったのですが

ライアーを始めたのは55歳(!)とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

ピアノや、わらべうたなど、幅広く学ばれ

人生経験を積まれ、お人柄からこの素晴らしい演奏が生まれているのだ

と感じました。

 

ピアノ教室で教えるということは

こどもたちには、音楽との出会いと育ちの部分を

導いていくことだと思います。

ピアノは、メロディー、ハーモニー、リズム

全部、一人で演奏ができるので音楽をトータルで体験できます。

ほかの楽器をするときにも、必ず役に立ちます。

人生、長いですから、ひとりひとりに

そうやって体験が残っていくこと、

体験をともにできること

ピアノ講師として、それが幸せだと感じています。