かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

答えは身体の中

私の演奏、本番が近づいてきました。

本番にむけて4回目のレッスンを、

先週末に受けてきました。

 

前回のレッスンの様子。

モーツアルトで学ぶ - かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり

 

弾く曲は、20分の長さのある曲で、

レッスンでは、まず、通して弾いて先生に聴いていただくので、

45分レッスンという限られた時間の中で、先生からいただくアドバイスは、

とっても凝縮された内容。

 

先生にどう聴こえるか、ということや、

身体の使い方について私の氣付いていないことについて

アドバイスをいただく、ということがほとんどです。

 

音大を卒業して、ピアニストの先生についていた頃は、

もっと細かいことをいちいち教わっていたなぁと。今思えば、未熟だったんですね。

でも、今は自分で氣付いて、自分で仕上げていくのです。

 

氣付くように一言、いただくと、それで調整できる。

たとえば、このパッセージがなぜか、思うようにいかないときがある、

と相談すると、

間違えないようにと思うから、肘に余分な力が入り、

それは、元は首から来ている。とか

みぞおちに力が入りやすいから、そこを抜いて

とか。

 

それで、ハッとして、自分で調整していく。

 

だいたい、なにか思うようにいかないところは、

身体に原因があるんですね。

答えは、身体の中から探す。

 

自分で、身体の中に意識を向けて、氣付いていく

すると、身体が調整し始める。

 

練習していても、もっとこう弾きたい、と思ったとき

弾きながら自分で、腕、肘、身体のあちこちをチェックしていき、

ほんのちょっと手首の位置を変えるとか

(外から普通に見ていると、ほとんど変わらない程度の微妙さです)

どこかをちょっと、ゆるめるとか

そういうことで、音が、すごく変わったりします。

 

だから、ほんとうに練習が面白いんですよ。

 

先生から、ほんとうに短期間でせりあがった、上達したと

言っていただき、嬉しかったです。

 

この話は続きがあるのですが、またのちほど書きます。