かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

黒鍵大好き!

レッスンを始めてもうすぐ2ヶ月。

3年生の息子のようすです。

 

今、息子は「黒鍵大好き!」。

前の記事で、移調に夢中という話を書きましたが、

それは今も続いています。

 

ひとりでピアノを弾くときは、ほとんど遊び。

なかでも、気に入った曲を移調、とくに黒鍵からはじまる調が好き。

移調のときは、黒鍵からはじまっても、ちゃんと正しく移調して弾きます。

 

が…このところ気に入っている変な遊びが、「黒鍵だけで弾く曲」。

 

もともと両手できれいな曲なのに、

両手ともリズムや音程の進行方向はそのままで、

わざと黒鍵だけにしたら当然、変な曲になります。

そうやって弾いて、大笑い!

 

本人は、「長調でも短調でもない、ピアノのルールを破った曲!!

と大喜びです。

う~ん、なかなか鋭い!

 

 黒鍵だけの音階は、「5音音階」です。

弾いてみると、なんだかなつかしいような感じがしますね。

 

(ちなみに、シュタイナー教育では、特に7歳以下の子どもには、

5音音階がふさわしいといわれます。その場合、黒鍵の5音ではありませんが…。

私も小さい年齢のお子さん、幼児さんのレッスンでは5音音階を取り入れています。)

 

黒鍵だけを使うと、どんなふうに弾いても、不調和な感じにはなりません。

そして、短調でも長調でもない曲ができるのです。

 

こんな息子をみていて、自由だな~!!と。

「めちゃくちゃ弾き」も大好きで、端から端まで鍵盤を使い、

ピアノの響きを思い切り楽しんでいる様子です。

 

なんだか、ちょっとうらやましいような…

私が子どもの頃に、こんなふうに自由に遊んだ覚えが、ないのです。

与えられた楽譜をひたすら、練習していた記憶があります。

もっと小さい頃に「バイエル」を与えられていたので、

鍵盤も使う範囲も限られていたし。

 

実は、ピアノの響きを楽しんで、

鍵盤端から端までつかって自由に遊ぶことは、

とっても素敵なことなのです!

 

腕や手の動きでどんな音が出るかを体感できますし、

自然と縛りのない自由な身体の使いかたを学べます。

ほかの生徒さんたちにも、提案してみたいな。

特にまじめなお子さん、手の動きに柔らかさが欲しいお子さんにはいいと思います。

まじめな子どもだった、昔の私に教えたいくらい…。

 

黒鍵だけでつくった変な曲、とっても耳に残るのです。

息子が弾いた音程で、私が歌詞をつけてうたってみせると、息子は大爆笑!!

親子でこんなことやって遊んでいます。 

 

追記:息子は「めちゃくちゃ弾き」といっても、

たたくようなうるさい弾き方はしません。

手の重みや腕をいくつかの鍵盤にのせるような遊びは、

奏法の練習になるという話です。