かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

耳をすませて聴く

レッスンでは、「耳をすませて聴く体験」を大事にしています。

特に幼児さんや「根っこ育て」の時期、「ピアノの導入期」は、ピアノがはやく弾けるようになることや楽譜が読めるようになることよりも何よりも、「聴く」ことを大事にしたいと思っています。

 

音楽には、いろいろな力があります。

気分を盛り上げる力もありますし、逆に、こころを静かにすることもできます。

 

今の幼稚園などで使われる音楽というと、どちらかといえば、大きな音で気分を盛り上げるようなものが多いと思います。歌もダンスもそうです。音楽の楽しさのひとつです。

反対に、小さな美しい音に耳を澄ます、という体験が、日常のなかでどれだけあるでしょうか。生活の中でも、テレビの音、マイクを通した声、お店の宣伝のスピーカーの音…。機械音があふれる現代では、どんどん「耳をすませる体験」が少なくなっていっていると思います。

 

子どもは、大人とは全く違った音の聴き方をしています。

大人は、音や音楽を客観的に、観念的に聴いたりしますし、感情と結びつけて聴きます。

一方、子どもは、大人のような聴きかたはできません。子どもは年齢が小さいほど、音をからだ全体で、音と一体化して聴きます。

まわりが騒がしいと、子どもの内側も騒がしくなります。子どもに静かに耳を澄ませて聴くように言葉で言ったからといって、できるわけではありません。 

小さい子どもは、意識的に「静かに聴こう」とはしません。

静かな空間で、小さいきれいな音が鳴ると、自然と耳を澄ませて聴くことができます。

 

「聴く力」を小さい頃に身に付けると、その後の人間形成に大きな力となります。

 

子どもが「自然と耳をすませて聴く」、

そしてお遊戯のような振り付けではなく「自然にからだを動かしてあそび、歌う」、

という体験を大切にしたいと思います。