読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

音を響かせよう

レッスン日記 子どものレッスン ピアノと身体

昨日のレッスンの様子。

和音の響きの連続でできた曲で、

前回のレッスンでのアドバイスから、しっかり練習してきた様子の○○くん。

 

ゆっくりのテンポでの同音和音の連続。

音をとぎれないように保って弾きたいところを、上手にできるようになっています。

 

それで、今回は一歩すすめたレッスンです。

また改めて、ピアノの中を見てみます。

 

鍵盤からハンマーがつながって、ハンマーが弦をたたいて音が出る…

と確認してから、

弦がいい音で響くには、どんなふうに弦をたたくといいかな?と。

そこで、レッスン室にある「グロッケン」をたたいてみます。

 

 f:id:kaoripiano:20150317165549j:plain

ばちを持って打ちます。

片手で持てるような小さな楽器ですが、

美しく響くかどうかは、やはり叩きかたによって変わってきます。

いろいろな叩きかたをしてみます。

 

力まかせに打つと音が汚い。

遠くから打っても音がよくない。

押さえつけても、響かない。

…というふうなことは、ピアノも全く同じです。

 

ピアノの鍵盤の中に、

ちょうどハンマーが弦をたたいて美しく響くポイント(=打点)があります。

 

グロッケンの、ちょうど響くポイントが、

ピアノの鍵盤の中に入っていると考えるといいかもしれませんね。

そのポイントをねらって、押さえつけずにコーンと、響かせる感覚です。

 

結果的に、美しい音が出る身体の動きをつかめば、

身体の法則を学んだことになります

 

ピアノでは音がフィードバックになりますが、

お家で電子ピアノで練習しているという場合でも、

その動きを思い出して練習してみてください。

 

体験したことは、残っているはずです。