かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 

川西市向陽台の個人ピアノ教室です。「ピアノで幸せに!」を願ってレッスンしています♪ お問い合わせはホームページ http://kaoripiano.jimdo.com/ まで。

レッスン日記

もうすぐです。

日曜日が発表会!もうすぐです。 この2週間、ほとんどの生徒さんたちは、 発表会前の追い込みレッスン。 普段、週1回40分や30分のレッスンを、週2回に分けて来ています。 毎回のレッスンで、 みんな発表会前!という気持ちで練習している ということがよくわ…

2週間前。

発表会まで、あと2週間です! 先週は、振替の数人以外は、レッスンもお盆でお休みでした。 夏休みのお出かけなどある中、 みんな練習したかな? 私も発表会でソロを弾くので、練習しています! 8月に入ってからは、できる限り練習時間を取るようにしていま…

9歳・10歳男子。

9歳・10歳男子の生徒さん。 シュタイナー教育でも、 「9歳から10歳に大きな変化があらわれる」 ということが言われますが 本当に、そうなんです。 うちの息子も今、4年生ですが この「4年生」という一年間、みていて、 大きな変化を感じました。 それは、本…

もうすぐクリスマスコンサート

クリスマスコンサート=生徒さん出演の発表会は、 来週26日です。 もうすぐです! 私も生徒さんのレッスンやプログラムなどの準備に、 自分の弾く曲の練習に、 会場となるカフェやゲストの方と打ち合わせにと、 毎日、なんだかそわそわしています。 前記事に…

プログラムが組めました

生徒さんたち出演の、「クリスマス コンサート」。 私もソロ曲を弾くので 先週末、レッスンを受けてきました。 先生は作曲家なので、レッスンでお願いしたのは 私の弾く曲を「分析」したものを見ていただいて、 演奏を聴いていただき、 最後に「クリスマス …

プログラムを組む

あと、約1ヶ月後となった、 クリスマスコンサート(生徒さんたちの発表会)。 プログラムを考えています。 「プログラムを組む」ということが、 発表会の準備の中で、一番大事なことなのです! もちろんその前に、日ごろのレッスンが一番大事で、 その中で、…

「クリスマスコンサート」の準備をしています

来月、かおりピアノ教室の生徒さん出演の 「クリスマスコンサート」を予定しています。 音大入学時に実家でピアノ教室を始め、 友人の教室と組んでホールを借りて、毎年、発表会をするようになりました。 その後、生徒さんが30人になって、私の教室だけで発…

「得意」でなくても

お子さんにピアノを習わせる目的は、何だと思いますか? まず第一に、親御さんは、お子さんに心豊かに、幸せに育ってほしい、 と願っておられることだと思います。 その意味で、習い事として音楽を選ばれる方も多いと思いますが、 音楽・楽器の中で、ピアノ…

芸術活動を通して、子どもをみる

ピアノのレッスンをしていると、 子どもってひとりひとり、それぞれ違う!! ということを、いつも感じます。 子どもは本当に素直なので、 たとえば同じ曲をレッスンで弾いても、 表情もことばも反応も、もちろん弾き方も 全部、その子それぞれの個性を見ら…

きれいなフォーム

小2になるときからピアノを始めた、○○ちゃん。 習い始めて5ヶ月です。 とてもきれいなフォームが、身についています。 習い始めた最初から、手首の力を抜いて 指のタッチポイントにきちんと腕の重さを乗せて弾くこと、 をていねいにレッスンしてきて、 ○○ち…

あとは、連弾で。

このところ1ヶ月ほどのレッスンで、 いつも宿題の曲を弾くと、一回で合格! が、続いている○○ちゃん。 とてもよく練習してきていることが、わかります。 毎回、次の宿題の曲を、新しく習うことを学んだり、 歌ったり、一回弾いてみる、というふうに 少し予…

ゆっくり、しっかりすすむ。

「あぁ、こんなふうに、ていねいに…。」 ピアノレッスンのあと、見ておられたお母さまが 感慨深げに、おっしゃいました。 その日のお稽古の内容と、指導の目的、 お子さんの今のようすなど、お伝えしたときです。 ○○ちゃんは、 3~4回のレッスンで、ずいぶ…

姉妹一緒に

先々週の体験レッスンで入会された、 5歳さんと3歳さん。お姉ちゃんと妹さんです。 個人レッスンの体験の前に、 「うたごよみ」も体験されました。 お姉ちゃんは前に他教室で習っておられ、集中力もあるので プレピアノ30分レッスンでなく、40分レッスンをす…

成長、進歩がみられるとき

先週から玄関に飾っている、紫陽花です。 紫陽花のきれいな季節ですね! レッスンをしていると 子どもたちは毎回少しづつ、成長を見せてくれるのですが あるとき突然、ぐっと伸びている様子が見られるときがあります。 今まで、レッスンで 弾いていて間違え…

ひとりひとりをイメージする

先週から玄関に飾っている、今が見ごろのお花「カラー」です。 飾ると空間が、凛とした雰囲気になりますね。 レッスンに来る子どもたち ひとりひとりの、 その日のレッスンの内容や、その子の様子、私が氣がついたことを レッスンが終わって私が忘れないうち…

ピアノとライアーと

土曜日は、豊中アクア文化ホールにて、 齊藤理美先生のピアノ教室の発表会の、お手伝いに行ってきました。 今年は、私の教室の生徒さんの出演はなく、舞台のお手伝いだけをいたしました。 演奏の生徒さんにあわせ、椅子の上げ下げや足台、譜面台の準備など……

「勇敢な旗手」

ドイツ生まれの、ロベルト・シューマン(1810-1856) は、「ロマン派」を代表する作曲家のひとりと言われています。 シューマンは、ピアノ曲もたくさん作曲しましたが、その中に、 「ユーゲント・アルバム」という曲集があります。 「子どものためのアルバム」…

新しい宿題

新しい教本に入って数週間の、○○ちゃん。 前の教本では、 左手・右手でメロディーを「受け渡し」して弾く (両手を交互に使って、ひとつのメロディーを弾く) 曲を練習していました。 新しい本で、「右手と左手で同時に、違うことを弾く」 ことができるよう…

曲選び

発表会など、人前で演奏することを目標に練習するのは、 日ごろのお稽古以上に、張り合いがあるものです。 今年も、齊藤理美先生の教室の発表会に、 かおりピアノ教室の生徒さんも、出演させていただきます。 時期的にも、出演がちょうどいい生徒さんだけに …

始めたいときが始めどき~新小2の生徒さん

3月からレッスンを始めた、○○ちゃん。 4月から、小学校2年生になります。 突然、ピアノを習いたい!と言い出したんです… と、お母さん。 自分から、ピアノを習いたい!という それは、「始めどき」ですね! そんな○○ちゃん、体験レッスンのときから、 大きな…

脳みそのなかの新しい道

3月からレッスンに来られている、○○くん。 早速、ピアノを弾くときの身体の使いかた(奏法) のお稽古をしています。 2月末に体験レッスンに来られたときは こんなようすでした。 kaoripiano.hatenablog.com ○○くんのお母さんもおっしゃっていましたが、 私…

モーツアルトで学ぶ

土曜日、3月のソロの演奏に向けて、 3回目のレッスンを受けてきました。 長年お世話になっている作曲専門の先生から、 発表会(公開演奏会)出演のお誘いをいただいて すぐ出演のお返事をしたのが、本番7週間前。 普通、ピアノの演奏をする人は、 本番まで、…

体験レッスン、一緒に弾いて

昨日、体験レッスンに来てくれた、2年生の○○くん。 お引越し前に習っていた、バイエルを持って来られました。 すこしお話してから、ピアノの前に座ってもらいましたが、 ちょっと緊張ぎみに見えます。 緊張してる?と聞くと、うん、ちょっと…。 と答える○○く…

音楽の表現を引き出す、言葉の表現

先週の土曜日、また私がレッスンを受けてきました。 前記事 弾きたくなる! - かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり に書いた先生のレッスン。 ほんとうに、面白いです。 自分では気付かなかった、ひとつの音を弾くときに、 「どんな意識で弾いている…

弾きたくなる!

昨日は、久しぶりに 私がピアノのレッスンを受けてきました。 というのも、先生の発表会に 3月に、出演することにしたからです。 先生は、作曲家の先生。 私は先生にお世話になって、30年! 高校入学と同時に、音大入試に必要な楽典などのレッスンを受けたの…

やったー!

「完璧に弾きたい! もういっかい弾く!!」 と、○○くん。 曲の仕上げで、暗譜して弾いてこよう、 というのが、今回のレッスンまでの目標でした。 少し間違っただけで、他は、 曲想もできているし、とてもいい感じに弾けているんです。 だから、間違いなしの…

「コツ」を伝える

中2の娘が、中学校の「合唱コンクール」でピアノ伴奏をする! ということを知ったとき、驚きました。 (娘が、ほんとに立候補するとは思ってなかった) というのは、実は… 私が実家でのピアノ教室を閉じて、 今の家にグランドピアノを持ってきたのは、娘が…

「コード」を学ぶ

楽譜を、目で追いながら弾くことができる ということは、 ピアノを習っている子たちの、大事な目標のひとつだと思います。 誰かが弾いている曲でもすぐに覚えて、 すぐ同じように弾ける○○くん.。 耳がよく、それを鍵盤と結び付けられるという 素晴らしい能力…

保育のうたやポピュラー曲も

今週、体験レッスンに来てくださった女性は、3人のお子さんのママで保育士さん。 私のHPの、ピアノ奏法について書いた「コラム」を読み、 ピアノ演奏での身体の使いかたについて興味を持って、体験に来てくださいました。 そのコラムは、「奏法」について書…

伝えたいことは…

先週は、大人のかたが体験レッスンを受けられました。 小さいお子さんのママさんですが、お子さんが少し大きくなられたらピアノ教室を開くことをめざして、勉強なさっています。 レッスン曲は、 子どもの頃ピアノを習っていたときは、その魅力がわからなかっ…

小さな小さな「おさらい会」

3月から教室に通うようになって、夏の発表会にはまだ出られなかった、 小学1年生の○○ちゃん。 そんな○○ちゃんのために、昨日のレッスンが終わったあと、 「小さな小さなおさらい会」をしました。 ○○ちゃんに加えて、うちの中2の娘・小3の息子と私だけが演…

息を吸って…

「ピアノの演奏を、音楽的にする」ことは、 習い始めて少しの小さいお子さん、導入期から。 というのが、私の方針のひとつです。 「テキストが進んで上達してから」ではありません。 そして、今弾いている曲も、 「楽譜どおりに完全に弾けるようになってから…

即興演奏~

小学1年生の○○ちゃん。 レッスンでは、市販の楽譜のほかに、大きなスケッチブックに色鉛筆で手書きの楽譜も使っています。 次の宿題となる新しい楽譜を書く、ほんの数分の間は、レッスン室に置いてある小さな楽器を鳴らして遊んでいいよ、ということにして…

型破り?

兵庫県川西市のピアノ教室です。お問い合わせは、こちら→かおりピアノ教室 兵庫県川西市 - かおりピアノ教室 兵庫県川西市(最寄り駅・能勢電鉄平野駅) まで。 暦の上では立秋がすぎましたが、暑さはまっ盛りですね! ピアノ教室も、1週間はレッスンがお休み…

発表会

遅くなりましたが…発表会の写真を。 真ん中に斉藤理美先生。 私は右端の2列目で、白いドレスに黒いボレロを着て花束を持って写っています。 夏の一大イベントでした。 これから、レッスン室でもおさらい会やクリスマス会など、人前で弾く機会や、ほかの人の…

ボディーパーカッション!

子どもたちが夏休みに入り、ブログ更新が遅れぎみになってしまいました。 この夏休みは、記事タイトルの「ボディーパーカッション」指導に挑戦しています! ボディーパーカッションとは、身体を打楽器にして演奏するリズム音楽です。 手拍子や足を鳴らしたり…

発表会 無事終了~

12日の日曜日、ピアノ発表会が無事終了しました! (ブログ更新がすっかり遅くなってしまいました) 斉藤理美先生の教室の発表会に、「かおりピアノ教室」の生徒さんも出演、 そして私も斉藤先生と連弾で、弾かせていただきました。 聴いてくださった生徒さ…

もうすぐ発表会!

あさってになりました。12日の日曜日、豊中のすてっぷホールにて、年に一度の発表会です。 お友だちでもある主催の先生が、楽しいゲストさんを呼んでくださっての発表会。毎年見ごたえ、聴き応えがあります。 (あいにく、客席がいっぱいになりそうですので…

家族の中にピアノを習う人がいると…

ピアノのレッスンを始めて ヶ月の○○ちゃん。お母さんから、お家でのようすをお聞きしました。 小学生のお兄ちゃんが、○○ちゃんのお稽古をみてくれているそうです。 実は、ピアノを習ったことがないお兄ちゃん。 お兄ちゃんもときどき、レッスンにお母さんと…

発表会に向けて練習しています!

来月、私のお友だちである先生主催のピアノの発表会に、私の教室の生徒さんも出演予定です。 今、がんばって練習していますよ!! 私も主催の先生と、連弾で出演する予定です。 久々の連弾演奏、自宅が近くではないので「合わせ」は数回ですが、とっても勉強…

調律したてのピアノ

前回のレッスンでさようならのときに、「ピアノの中が見たい!」と言っていた○○ちゃん。前に少しピアノの中を見たことがありましたが、また見たかったのです。 そこで、その日は、調律したてのピアノの蓋を開けて待っていました! 好きに弾いていいよ!とい…

調律していただきました

昨日は、調律師さんに来ていただきました。 調律してくださったあと、 「ピアノを購入して25年以上、と思えないくらい、状態が良いです!」 と調律師さん。 どこも直すところがなくて、調律するだけでよみがえったとのことです。 最後に、音を柔らかく調整。…

お友だちが弾く曲

昨日のレッスンのようすです。 レッスンが終わって少しの時間に、ピアノで好きに弾いていた○○くん。 あれ?その曲は…。J.S.Bachの曲です。 ○○くんはまだ習っていなくて、今やっているよりも、難しい曲。 「その曲、どうして覚えたの?」と聞いてみると、○○く…

親にできること~環境をととのえる

子どもの学びをサポートする親として、「環境をととのえる」ことが大事、という話の続きです。ピアノのレッスンでの場合もそうです。 子どもがピアノを習うとき、お家での毎日のお稽古が大事です。 よりよい状態でお稽古するには、やはり親のサポートも大事…

黒鍵大好き!

レッスンを始めてもうすぐ2ヶ月。 3年生の息子のようすです。 今、息子は「黒鍵大好き!」。 前の記事で、移調に夢中という話を書きましたが、 それは今も続いています。 ひとりでピアノを弾くときは、ほとんど遊び。 なかでも、気に入った曲を移調、とくに…

見つけた!

レッスンを始めて1ヶ月ちょっとの、息子の話をもうひとつ。 レッスンを始めて2週間のときのことです。 お気に入りの曲「月の光」(フランス民謡) ♪ ドドドレミーレー ドミレレドー… と元の曲はハ長調なのですが、 「ソ」の音から弾き始めて(ト長調)、 「…

教材研究に…

息子のレッスンの様子を書いた記事、レッスンを始めて1ヶ月ちょっとになります。 遅めのスタート - かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり 遅めのスタート - かおりピアノ教室~兵庫県川西市 松尾かおり なるべく毎日、少しづつ息子のピアノをみていま…

レッスンノート

4月から、「じぶんでつくるレッスンノート」を始めました。 これは、レッスンを受ける生徒さんが、 自主的にレッスンを受けられるように、 「自分で書く」ノートです。 今まで、レッスンでお稽古した曲のについてと、 お家で練習してきてもらいたい内容につ…

お家での練習のペースをつかむこと

ピアノが上手になるには、毎日の練習が大事!とは、よく言われることです。 西洋音楽には、勉強や訓練が必要ですし、実際ピアノは、子どもの頃からの練習が身につきやすいのです。 しかし、習い始めたばかりの小さいお子さんが、どのようにお家での練習のペ…

熟成期間

もうすぐ一年生のAちゃん。 レッスンを始めてまだ3回目です。 ピアノの導入期として、ピアノの前に座って弾くという以外に、本当にいろいろなお稽古をしています。それは、ピアノに、そして楽譜に無理なくなじんでいってもらうために、いろいろな意図をもっ…